猪瀬直樹の書籍を徹底紹介します。



ゼロ成長の富国論 |猪瀬 直樹

ゼロ成長の富国論ゼロ成長の富国論
猪瀬 直樹
文藝春秋 刊
発売日 2005-04-25
価格:¥1,470(税込)




日本の社会主義国化を嫌う追米主義者 2005-12-20
銀行の預金や郵貯がインフレ期待の投資に次々と投げ込まれ、資産暴落でそれらの大半は闇に消えた。これを期に活発な投資が控えられる成熟社会へ向かったのだ。猪瀬氏の言う農業の輸出や自給率を上げることは幻想に近い。何故なら、日本の物価と従業員給与が世界的にみても異常的に高いからだ。グローバル社会を迎え、高物価な土地や雇用は企業からの要求を欠く。金次郎モデルは現世におおいに参考になると思うが、銀行や郵貯の運用こそが市場の成熟を早めていると言えよう。金次郎の生産性を高める運動こそ現代に必要とするモデルである。かつての共産主義者が小泉マジックに洗脳され、官悪玉説を唱えている。日本の官僚こそが米議会、しいてはウォール街の操り人形であることに触れていない。もはや共産を捨てたか?官から民へと唱えている著書だ。




■続きを読む


この記事は2006/7/21に作成しました。

【猪瀬直樹の経歴】
1946年、長野県生まれ。

1987年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

1996年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。

政府税制調査会委員、日本ペンクラブ理事・言論表現委員長、東京大学客員教授、テレビ・ラジオ番組のコメンテーターなどで活躍中。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら