猪瀬直樹の書籍を徹底紹介します。



土地の神話 |猪瀬 直樹

土地の神話土地の神話
猪瀬 直樹
小学館 刊
発売日 2002-04
価格:¥1,365(税込)




東急の沿線ブランド 2006-05-02
私自身、不動産デベロッパーに勤務する身として東急グループの沿線開発力には非常に魅力を感じています。東京の「東急」と関西の「阪急」には既得権的なステータスがあり、昔も今もこれからも一つのブランドとして残っていくもののように感じます。その確固たる地位を築いた東急ブランドも基は日本資本主義の父親的存在の渋沢栄一からなるものであったことに驚きと納得をしました。渋沢栄一は兜町を日本のベニスにしたかったということを以前聞いたことがあり、田園都市計画についてもそれなりの青写真があったのだと思います。その夢を継いだ渋沢栄一の息子秀雄が造った「田園調布」は東急の五島慶太によっていかにも日本的な高級住宅街へと姿を変えてしまったのですが、それでもその沿線に多くの高級住宅地的なイメージを植え付けた功績は非常に大きかったと思います。五島慶太と並び称される西武の堤康次郎は国立の一橋大学誘致や駅前道路等の功績を残しながら、それ以降沿線開発には力を入れなかったため西武沿線のこじんまりとした町並みとなって今に残っているのだと思います。今の東急グループのイメージからは想像できない五島慶太の強引な経営と渋沢栄一の思い描いた田園都市の姿が本書では絶妙なコントラストとなって非常に魅力的な本になっています。また、猪瀬さんの取材力にも脱帽します。


■続きを読む


この記事は2006/7/21に作成しました。

【猪瀬直樹の経歴】
1946年、長野県生まれ。

1987年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

1996年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。

政府税制調査会委員、日本ペンクラブ理事・言論表現委員長、東京大学客員教授、テレビ・ラジオ番組のコメンテーターなどで活躍中。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら