猪瀬直樹の書籍を徹底紹介します。



ピカレスク - 太宰治伝 |猪瀬 直樹

ピカレスク - 太宰治伝ピカレスク - 太宰治伝
猪瀬 直樹
小学館 刊
発売日 2002-03-01
価格:¥1,470(税込)




文学の悪徳 作家という偶像 2004-06-10
これは、文学という毒にあてられた太宰治、井伏鱒二の、二人の軌跡をたどる猪瀬直樹の「私的な」作家評伝です。
社会の動向に左右される作家という頼りない仕事。二人は作家として生きるために、いかにしてこの、くえない世間にまき散らされた悪徳という毒にすがりついたのか。
 猪瀬氏は『井伏さんは悪人です』という太宰の唐突な言葉の謎を導きの紐として、そこに日本近代の軋みを見、日本文学史の狭隘さを重ね合わせて、作家という不可解な「存在」を紐解いていきます。
 作家の周辺や当時の時代状況も丹念に取材されており、読み応えは充分です。ぜひ一読を。


■続きを読む


この記事は2006/7/21に作成しました。

【猪瀬直樹の経歴】
1946年、長野県生まれ。

1987年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

1996年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。

政府税制調査会委員、日本ペンクラブ理事・言論表現委員長、東京大学客員教授、テレビ・ラジオ番組のコメンテーターなどで活躍中。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら