猪瀬直樹の書籍を徹底紹介します。



ピカレスク―太宰治伝 |猪瀬 直樹

ピカレスク―太宰治伝ピカレスク―太宰治伝
猪瀬 直樹
小学館 刊
発売日 2000-11
価格:¥1,680(税込)




時代に選ばれなかったマイナーな作家たちよ 2002-05-10
膨大な資料収集と広範なインタビューによって浮かび上がる、20世紀初頭の時代背景(プロレタリア運動の様子など)のなかで、太宰のすでにかなり知られていた醜聞が緻密に暴露される。そして、その返す刀で、師であるとされる井伏鱒二のあまりよく知られていなかった、換骨奪胎とも呼べるほどの創作の際の醜聞が鮮やかに暴露されていく。
 資料の羅列が単調に続くところと、会話が中心の小説仕立てのところのつなぎの悪さがいくつかあり、さらに「これで終わり?」と思わせるような、最後が尻切れとんぼで終わっているところが気になるが、猪瀬の手さばきはいつものように見事であり圧倒される。読後、面白かったと感心すればするほど、このような資料収集の専門家による史実にのっとった評伝というのは、今まで余りにも書かれなさ過ぎたと思わざるを得なかった。
 もちろん、小説家がどのような動機で、どのような経緯によって文学作品を書き上げたかということにはそれほど関心がない、という者も多いだろう。あるいは、愛読者の視点から作家を分析していくような、好意に貫かれた評論家の手法ならば、ファンにとっても読んでいて気持ちのいいものであり、また問題も少なくていい。
 しかしそれと同時に、この作品でもわかることだが、どの作家が時代を生き残り、どの作品が名声を得るかというのは、その時代の限られた受け手のかなりいい加減なフィルターに頼っているというのも痛感させられる。私たちは「名作」というものに踊らされているのではないだろうか。たとえば、太宰よりも山岸外史の作品に重要さを感ずる者は、いつの時代にもいるに違いない。
 文学作品は書かれた時点ではまだ名作ではなかった。名作の背後には、名作になり損ねた無数の作品が横たわっている。当時の小さな差が、時代の経過とともに多きな差となる。そして、私たちがいざ本を読もうとする際に、文学作品として確立された「名著」がすでに無数に横たわり、その山の中から読んでいくことになる。そこに上田重彦(石上玄一郎)の姿がないのは言うまでもない。
 太宰を特別視しない目で書かれたこの評伝は、時代のフィルターを過信せずにマイナーな作家たちに新たな目を向けようとする契機ともなるのではないか、と私には感じられた。


■続きを読む


この記事は2006/7/21に作成しました。

【猪瀬直樹の経歴】
1946年、長野県生まれ。

1987年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

1996年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。

政府税制調査会委員、日本ペンクラブ理事・言論表現委員長、東京大学客員教授、テレビ・ラジオ番組のコメンテーターなどで活躍中。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら