猪瀬直樹の書籍を徹底紹介します。



偽りのノンフィクション作家 猪瀬直樹の肖像 |林 洋

偽りのノンフィクション作家 猪瀬直樹の肖像偽りのノンフィクション作家 猪瀬直樹の肖像
林 洋
チーム 刊
発売日 1996-03
価格:¥1,325(税込)




哀れな御用作家の正体 2006-01-29
猪瀬直樹が道路公団問題の時に政府委員になり、小泉内閣の人気取りのために策動し、いかがわしい行動をしたことは良く知られ、問題として取り上げられているが、他の分野でも卑しい行為をしていたのであり、現実にその手口を明らかにした点では、日本人にとって必読の本である。彼がが権力にすりよっていることは、洞察力のある人には既に見抜かれていた。彼の出世作である「ミカドの肖像」(小学館)を書評した記事がある、藤原肇の「アメリカから日本の本を読む」(文芸春秋)には、プリンスホテルの話について取材したのが、猪瀬でなかったことが示唆されていたが、それを追跡したメディアは存在しなかったので、猪瀬は生き残って小泉の手先として活躍した。日本ではノンフィクションと名乗る作家は、フィクションをでっち上げるのであり、その典型が猪瀬と共に御用ドキュメンタリー作家として稼ぐ大下英治であり、むしろ著者の林洋のような独立系の著者でなければ、真実を書けないのではないかと思う。そうしたことを思うと、小泉内閣の正体を徹底的に暴露している、アメリカに住むという藤原肇の「小泉純一郎と日本の病理」(光文社)の中に秘められている爆弾の威力は、この「偽りのノンフィクション作家・猪瀬直樹」を読むことで、相乗効果以上のものをもたらすのではないかと思った。


■続きを読む


この記事は2006/7/21に作成しました。

【猪瀬直樹の経歴】
1946年、長野県生まれ。

1987年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

1996年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。

政府税制調査会委員、日本ペンクラブ理事・言論表現委員長、東京大学客員教授、テレビ・ラジオ番組のコメンテーターなどで活躍中。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら