猪瀬直樹の書籍を徹底紹介します。



こころの王国 |猪瀬 直樹

こころの王国こころの王国
猪瀬 直樹
文藝春秋 刊
発売日 2004-04-21
価格:¥1,470(税込)




映画を読んでいるような感触 2004-07-21
一気に読み終えた。主人公である女性秘書の語りで物語が進むところがなんとも心地よい。まるで女性秘書にカメラが内在されているかのようで、師弟と恋人、男と女のやりとり、知るはずのない大正モダンの町並みが彼女の語りでとたんに生き生きと動き出していく。約80年も前に生きた菊池寛や古いものを腐らせず、現代に通じる新しいメッセージとして描いているところが新鮮で上手い!(装丁にもいえるかも)
著者の名前からハードな読物を想像して一瞬、気後れしてしまったが、読んで正解!余韻を残す読後感もいい。最近のお買い得な1冊。


■続きを読む


この記事は2006/7/21に作成しました。

【猪瀬直樹の経歴】
1946年、長野県生まれ。

1987年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

1996年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。以降、特殊法人等の廃止・民営化に取り組み、2002年、小泉首相より道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命される。

政府税制調査会委員、日本ペンクラブ理事・言論表現委員長、東京大学客員教授、テレビ・ラジオ番組のコメンテーターなどで活躍中。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら